ダンボールの基礎知識

ダンボールの基礎知識をお話します

いろんな形のダンボール

ダンボールというと四角いものを創造しますがダンボールは四角いものだけではありませんよね。

今はハート型や星型といったバラエティに富んだ形のダンボールも存在しますし、ダンボールはポピュラーなものでも、四角の角の部分が削られたような形になっていたり、フタがなくくり抜いた形だったり、表面部分の窓がついていたりと様々ですよね。

さらに畳み方も一通りではオーソドックスなものもあれば、中に収納するものによって強度を変えるために複雑な構造であったり中に梱包材としてのダンボールが外側部分と一体化していたり、お菓子の箱のようにアミ目がついていてそこを引っ張って開けると分解できるようになっていたり、糸を引っ張ると開いたり…とダンボールには様々な顔があります。

ダンボールを使用するがわもたくさんの失敗や考慮を重ねた上でたくさんの形を生み出していったのでしょう。

自分が手にしたダンボールの構造や形を今一度意識してみてみてください。
こんなものやこんな重さだとこういう作りになっているんだなというのが比べてみるとちょっと理解できますよ。

四角いだけがダンボールではありません。
その形にした意味をきちんと持っているのです。
その構造をちょっと気にして見てください。

日本の凄さ

世界中でダンボールは使用されていますが、世界で使われているダンボールの中でも日本製のダンボールは機能性が高く丈夫です。

世界では一番一般的とされているダンボールはCフルートというダンボールですが日本ではAフルートのものが一般的です。
CフルートのものよりAフルートのもののほうが衝撃にも強く強度も強いのです。

さらに日本ではたくさんのダンボールが生まれています。
例えば強化ダンボール。強化ダンボールは世界の流通シーンでも活躍しています。強化ダンボールを作っているのは日本だけではありませんが日本も強化ダンボールの生産には力を入れています。

さらに特殊なものでは耐水性ダンボールや防湿ダンボール、防錆ダンボール、超耐水性ダンボール、耐熱性ダンボール、食品耐油性ダンボールなどさまざまなダンボールがあります。
ダンボールに機能をつけて様々なものを生産しているのは日本だけで日本独自の技術です。

日本人らしい細かな部分を詰め込んで創り出すことに成功した、かゆいところに手が届くダンボールたちです。

こんなダンボールがあったらなぁを実現していく日本のダンボール業界は世界ナンバーワンのダンボール技術者たちといっても過言ではないでしょう。

これからも日本のダンボールには注目です。

ダンボールの便利なところ

ダンボールの便利なところと改めて考えてみるとどんなことでしょうか。
箱型のダンボールはやはり一番は収納力ではないでしょうか。
物を送るにしても送られてくるにしてもダンボールに入る量は多いですし、物を運ぶことに特化性があります。
物を収納して物を送るというときに便利ですね。

さらに物を入れて重ねておいておけるのもダンボールの便利なところではないでしょうか。

ダンボールは同じ大きさのものだと物を入れてから津に重ねることができます。
積み重ねても日本のダンボールはわりと強いダンボールとなっていますので潰れる心配はほぼありません。

さらにダンボールは様々な用途に使うことができます。
収納として家で使うこともできますし、ダンボール工作に使ったり、箱型ではなくロールタイプのダンボールだと梱包に使うこともできますよね。

ダンボールはそれだけの便利さが様々なシーンであるからたくさんのことで使われることになっているのでしょう。
それだけ人々がダンボールだとコレは便利!という瞬間があるのです。

さらにリサイクルに出すことができるのでどんなに大きくなってもどんなに量があっても粗大ゴミにならないのはありがたいことですよね。

ダンボールはたくさんの便利があり昔から当たり前に使われているものです。

世界のダンボール

世界中をたくさんのダンボールが行き交っています。
それは世界でたくさんの輸入と輸出が行われているからです。

日本はたくさんのものを輸入し、そして輸出もしています。
日本の輸出量が一番多いのは電気機器です。
輸送用機器…たとえば自動車などもたくさん輸出しているのですが他にも半導体などの電子部品やテレビやレコーダーなどの映像機器、電話機やファックス機、パソコンなどの通信機器などが輸出されています。
アジア各国からアメリカ、ドイツなどたくさんの国に輸出され日本の技術は非常に高いと評判を得ています。

それらを送るときにもダンボールは箱として、梱包として活躍します。

さらに輸入ではどうでしょうか。
日本の輸入してるもので一番多いのは原油や石油、天然ガスなどの鉱物性燃料たちです。
日本は自国で鉱物性のエネルギーを用意することが難しいのです。
世界で一番最初になくなってしまう鉱物性の燃料は石炭と言われています。
昔、日本にもたくさんの炭鉱がありましたが石炭が掘れなくなってしまい閉山してしまったところがほとんどです。

その燃料たちもダンボールを活用されることがあります。石炭はダンボールに入れられて輸入されることもありますし、販売もダンボールに入れるのがほとんどです。

ダンボールは輸入でも輸出でもとても役立ってるといえるでしょう。

アメリカのダンボール事情

経済大国アメリカというとなんでも世界で一番だと感じてしまいますが、今は急成長を遂げる中国に次いでダンボールの生産量ではアメリカは第2位の位置にいます。

しかし、これまではもちろん1位でした。
アメリカはそれだけ様々なものを発信し、世界中に輸出をし、国内でも経済がとても活発に動いているのです。

アメリカのサンフランシスコではたくさんのダンボールが使われることで森林伐採を懸念してリサイクルの運動のほかにリユースをしてはどうかと唱える人が出現しました。

それによってサンフランシスコでは自分が不要になった中古ダンボールをインターネット上に掲載し販売するという試みがされています。
ダンボールが不要になった人からダンボールが必要な人が購入するという動きはあるようでなかった新しい行動です。

ダンボールをリユースすることで森林伐採がほんのわずかでもなくなってそのほんのわずかが世界中で起これば小さな力が集まって大きな力となって森林伐採を食い止めることができそうですね。

こういったリサイクスやシユースの動きでこれからの地球は変わるかもしれません。
ダンボールを再利用し、世界中のダンボールの需要を円滑にかつ環境に優しく行うことができると良いですね。

アメリカはきっとこれからまたダンボール生産1位の国になります。
だからこそリユースの動きに注目ですね。

一番売れているダンボールは?

ダンボールを購入するということはあまりないことかもしれませんが、ダンボールは今インターネットなどで簡単に購入することができます。
使いまわしのダンボールだと会社名や商品名が入っていてなかなか使えなかったりしますが、キレイなまっさらなダンボールを使いたい場合はインターネットなどで購入すると良いかもしれませんね。

インターネットで一番人気があるダンボールは一番一般的なサイズのまっさらなダンボールがやはり1位です。
それに続くのが取っ手部分があるダンボール。
取っ手があるだけで持つときに大変便利ですよね。

さらに意外と売れているのが箱型ではないダンボール材。ロール状になったダンボール材が意外とたくさんの人が購入しているのです。
と、いうのも企業などによっては梱包してなにかを送ったりすることもあるので梱包材としてダンボールロールを使っているのです。

引っ越しセットとして家族構成分けにしてセット価格で売られているダンボールもありますし人気があるようです。

ダンボールの家具の中では圧倒的に机が人気のようですね。ダンボール収納家具ではなく机とは意外ですが人気があるそうです。

たくさんの人がダンボールを求め購入しています。
ダンボールはそれだけ広く使われているということですね。

ダンボール業界とは

ダンボールを当然のように使いますがそのダンボールがどこで作られたものかなんて考えたことがありませんよね。
日本は世界で3番目にダンボール生産量が多いといわれていますが、日本国内で作られているダンボールの半分を大手3社で作っています。

明治時代、日本国内ではじめてのダンボールを作った方が創設したダンボール会社は今もダンボールを作っていてダンボール国内シェアナンバー1だそうです。大手3社が半分を占めてもう半分をたくさんの中小業者が占めているのですが、小さいといってもしっかりとしたダンボールを生産しています。

会社によってはダンボールの武器ともいえるような機能性に富んだダンボールが作られていたり、カラーダンボールなどといった特殊なダンボールを売りにしていたりと特色が様々なのでどの業者のダンボールもとても興味が湧きます。
どれもダンボールなんて同じだよと思ってる方も多いでしょうが、そんなことはありません。
ダンボールにはダンボールの特色があるのです。

日本ではたくさんのダンボールが生産されています。
しかしどれも同じではなく各会社で打ち出したたくさんの特化性のあるダンボールがあるので注目してみてください。
こんなダンボールもあるんだを実現してるところが日本の企業らしさなのかもしれませんね。

日本で作られているダンボールの量

生活に必ず登場するダンボールですが、日本でどれだけのダンボールが使用されているか知っていますか。
ある統計では一年間に一人あたりダンボールを割り当てると一人で使用する量は150枚といわれています。
それだけのダンボールが一年で一人で使うと言われているのです。
実際にはダンボールを使うということはそれほどないかもしれませんが割り当てるとそういう計算になるのだそうです。

日本は世界で第3位のダンボール生産量を誇ります。
ダンボールの生産量は国の経済状況と連動すると言われてるので日本は世界有数の経済大国と言えるでしょう。
だからこそダンボールを使用する機会が多いのです。

そんなダンボールですが、日本で一年に生産されているダンボールの量を例えるとじつに1メートル幅にして考えると地球を17周もしてしまう量だそうです。
広く拡げると東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県全域をダンボールで埋められるような量となるそうですよ。

それだけのダンボールが利用され、その9割がリサイクルに出されるということです。
それだけ使っても9割が再利用されることを考えると日本人のダンボールリサイクルの意識はとても高いものといえるでしょう。

日本で作られたダンボールは国内だけではなく世界中に飛び立っていきます。
世界で日本のダンボールを見ることができるかもしれませんね。

ダンボール世界一は?

ダンボールは世界中で使用されているものですがダンボールを世界で一番使っている国はどの国なのでしょうか。

ダンボールの使用率は国内総生産や経済に大きく関係すると言われています。
と、いうのも国の経済が発展するということはそれだけたくさんのものが流通し、輸出や輸入も多く行われ国が豊かになればそれだけ国民も多くものを購入するのでそれだけ経済が動きます。物流も流通も激しくなるのでダンボールが使用される機会が多くなるのです。

現在の1位は中国です。
近年の中国はバブル期といわれ中国の歴史上一番の経済の発展となっています。
ですから中国では様々なものが作られ世界中に輩出されてることも含め今ダンボールが一番多く生産されているのです。
第2位はアメリカ。
いわずとも誰でも知っている経済大国アメリカは当然のことながらたくさんのものが流通しています。
大陸も大きく様々なものを世界中に送り生産しています。
そんなアメリカももちろんダンボールは多く使うことになるので第2位ということです。

そして日本は第3位。
小さな国ですが日本製のものは性能が良いと世界中からの評判で物づくりに関しては日本が一番という声も多く聞かれます。
日本もたくさんの人たちが物を求め購入し、たくさんのものを世界に輸出していますからダンボールは多く使われ生産されているのです。

引っ越し屋さんが第一位?

ダンボールが使用されているところ…と考えるとまず年頭に出てくるのは引っ越し業者ではありませんか。
引っ越し業者はダンボールを多く使ってそうなイメージですが全国のダンボールを使用してる業者でみると全体のたった3%程度なのです。

では、どんな業者がダンボールを使ってるかといいますと、実は一番多いのは加工食品会社なのです。
冷凍食品や加工食品、カップラーメンやジュースなどの飲料水も含め食べ物を流通させるためにダンボールを利用しているのです。
さらに2位は青果業者。野菜や果物などをダンボールに入れて流通させているのです。
これらの食べ物に多く使われているのが耐水性のダンボールです。耐水性のダンボールは食べ物や加工食品から出る水分に負けずそのまま冷蔵してもそのまま冷凍しても保管することに優れているのです。

さらには生活雑貨や家電製品などにも多く使われ、薬品や化粧品、そして引っ越しや通販などの物流など様々なことにダンボールが使われていることがわかりますね。

ダンボールは生活をする上で必ず登場するものですし、物が流通すること=ダンボールが絶対という形になっているのですね。

食品加工会社が圧倒的1位の使用率ということはそれだけ私たちの食にダンボールも関係してるということです。