ダンボールの基礎知識

ダンボールの基礎知識をお話します

ダンボールの始まり

ダンボールは今私たちの生活に当たり前にあるもののひとつですが、ダンボールはどうやって生まれたか知っていますか。

ダンボールは箱というイメージがありますがダンボールの始まりは箱型ではありませんでした。

19世紀のイタリアでダンボールは生まれました。
今のダンボールでいう板と板に挟まれたナミナミの部分がありますよね。
その部分がイタリアの貴族たちの間にしようされたのがダンボールの発祥と言われているそうです。

イタリアの貴族たちは当時シルクハットを被ることが多かったのですが、シルクハットを被るととても頭部が蒸れたので汗や湿気を吸い取るものはないかと考え、ダンボールのナミナミの部分をシルクハットの中に円を描くようにして入れてシルクハットを被ることで感じる蒸れや汗が額に流れてこないようにと吸い取らせたのです。

今のダンボールの用途を考えるとちょっと変わった使い方ですが当時はそのように使うことが主流で汗を吸い取ってくれる優れものとして活躍しました。
たしかにダンボールは湿気に強いと言われていますが、昔は湿気や汗を吸い取る専門で使われていたので驚きですよね。

19世紀の貴族たちが使い始めたダンボール。
シクルハットを被る人たちがいなかったらダンボールは生まれてなかったのかもしれませんね。

 

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.