ダンボールの基礎知識

ダンボールの基礎知識をお話します

引っ越し屋さんが第一位?

ダンボールが使用されているところ…と考えるとまず年頭に出てくるのは引っ越し業者ではありませんか。
引っ越し業者はダンボールを多く使ってそうなイメージですが全国のダンボールを使用してる業者でみると全体のたった3%程度なのです。

では、どんな業者がダンボールを使ってるかといいますと、実は一番多いのは加工食品会社なのです。
冷凍食品や加工食品、カップラーメンやジュースなどの飲料水も含め食べ物を流通させるためにダンボールを利用しているのです。
さらに2位は青果業者。野菜や果物などをダンボールに入れて流通させているのです。
これらの食べ物に多く使われているのが耐水性のダンボールです。耐水性のダンボールは食べ物や加工食品から出る水分に負けずそのまま冷蔵してもそのまま冷凍しても保管することに優れているのです。

さらには生活雑貨や家電製品などにも多く使われ、薬品や化粧品、そして引っ越しや通販などの物流など様々なことにダンボールが使われていることがわかりますね。

ダンボールは生活をする上で必ず登場するものですし、物が流通すること=ダンボールが絶対という形になっているのですね。

食品加工会社が圧倒的1位の使用率ということはそれだけ私たちの食にダンボールも関係してるということです。

 

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.