ダンボールの基礎知識

ダンボールの基礎知識をお話します

日本で作られているダンボールの量

生活に必ず登場するダンボールですが、日本でどれだけのダンボールが使用されているか知っていますか。
ある統計では一年間に一人あたりダンボールを割り当てると一人で使用する量は150枚といわれています。
それだけのダンボールが一年で一人で使うと言われているのです。
実際にはダンボールを使うということはそれほどないかもしれませんが割り当てるとそういう計算になるのだそうです。

日本は世界で第3位のダンボール生産量を誇ります。
ダンボールの生産量は国の経済状況と連動すると言われてるので日本は世界有数の経済大国と言えるでしょう。
だからこそダンボールを使用する機会が多いのです。

そんなダンボールですが、日本で一年に生産されているダンボールの量を例えるとじつに1メートル幅にして考えると地球を17周もしてしまう量だそうです。
広く拡げると東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県全域をダンボールで埋められるような量となるそうですよ。

それだけのダンボールが利用され、その9割がリサイクルに出されるということです。
それだけ使っても9割が再利用されることを考えると日本人のダンボールリサイクルの意識はとても高いものといえるでしょう。

日本で作られたダンボールは国内だけではなく世界中に飛び立っていきます。
世界で日本のダンボールを見ることができるかもしれませんね。

 

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.