ダンボールの基礎知識

ダンボールの基礎知識をお話します

ダンボール業界とは

ダンボールを当然のように使いますがそのダンボールがどこで作られたものかなんて考えたことがありませんよね。
日本は世界で3番目にダンボール生産量が多いといわれていますが、日本国内で作られているダンボールの半分を大手3社で作っています。

明治時代、日本国内ではじめてのダンボールを作った方が創設したダンボール会社は今もダンボールを作っていてダンボール国内シェアナンバー1だそうです。大手3社が半分を占めてもう半分をたくさんの中小業者が占めているのですが、小さいといってもしっかりとしたダンボールを生産しています。

会社によってはダンボールの武器ともいえるような機能性に富んだダンボールが作られていたり、カラーダンボールなどといった特殊なダンボールを売りにしていたりと特色が様々なのでどの業者のダンボールもとても興味が湧きます。
どれもダンボールなんて同じだよと思ってる方も多いでしょうが、そんなことはありません。
ダンボールにはダンボールの特色があるのです。

日本ではたくさんのダンボールが生産されています。
しかしどれも同じではなく各会社で打ち出したたくさんの特化性のあるダンボールがあるので注目してみてください。
こんなダンボールもあるんだを実現してるところが日本の企業らしさなのかもしれませんね。

 

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.