ダンボールの基礎知識

ダンボールの基礎知識をお話します

世界のダンボール

世界中をたくさんのダンボールが行き交っています。
それは世界でたくさんの輸入と輸出が行われているからです。

日本はたくさんのものを輸入し、そして輸出もしています。
日本の輸出量が一番多いのは電気機器です。
輸送用機器…たとえば自動車などもたくさん輸出しているのですが他にも半導体などの電子部品やテレビやレコーダーなどの映像機器、電話機やファックス機、パソコンなどの通信機器などが輸出されています。
アジア各国からアメリカ、ドイツなどたくさんの国に輸出され日本の技術は非常に高いと評判を得ています。

それらを送るときにもダンボールは箱として、梱包として活躍します。

さらに輸入ではどうでしょうか。
日本の輸入してるもので一番多いのは原油や石油、天然ガスなどの鉱物性燃料たちです。
日本は自国で鉱物性のエネルギーを用意することが難しいのです。
世界で一番最初になくなってしまう鉱物性の燃料は石炭と言われています。
昔、日本にもたくさんの炭鉱がありましたが石炭が掘れなくなってしまい閉山してしまったところがほとんどです。

その燃料たちもダンボールを活用されることがあります。石炭はダンボールに入れられて輸入されることもありますし、販売もダンボールに入れるのがほとんどです。

ダンボールは輸入でも輸出でもとても役立ってるといえるでしょう。

 

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.