ダンボールの基礎知識

ダンボールの基礎知識をお話します

いろんな形のダンボール

ダンボールというと四角いものを創造しますがダンボールは四角いものだけではありませんよね。

今はハート型や星型といったバラエティに富んだ形のダンボールも存在しますし、ダンボールはポピュラーなものでも、四角の角の部分が削られたような形になっていたり、フタがなくくり抜いた形だったり、表面部分の窓がついていたりと様々ですよね。

さらに畳み方も一通りではオーソドックスなものもあれば、中に収納するものによって強度を変えるために複雑な構造であったり中に梱包材としてのダンボールが外側部分と一体化していたり、お菓子の箱のようにアミ目がついていてそこを引っ張って開けると分解できるようになっていたり、糸を引っ張ると開いたり…とダンボールには様々な顔があります。

ダンボールを使用するがわもたくさんの失敗や考慮を重ねた上でたくさんの形を生み出していったのでしょう。

自分が手にしたダンボールの構造や形を今一度意識してみてみてください。
こんなものやこんな重さだとこういう作りになっているんだなというのが比べてみるとちょっと理解できますよ。

四角いだけがダンボールではありません。
その形にした意味をきちんと持っているのです。
その構造をちょっと気にして見てください。

 

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.