ダンボールの基礎知識

ダンボールの基礎知識をお話します

Category : 未分類

色白ダンボール

ここでお話しする「色白ダンボール」とは、クラフト色のもので白く加工したものではありません。

ダンボールを集めていると、箱によって色の違いが分かってくるかと思います。

普段気にせずに使っているので分かりにくいかもしれませんが、大きいものほど色が薄くなっていることがあります。家電など重量があるものだと色は濃いめですが、布団や衣類が入っていたであろうものは一般的に薄い色なのです。

これは中に入れる物によって色分けがされているわけではなく、入れる物によって箱の「強度」を選んでいるからです。メーカーでは様々な検査をしたものの中から、注文を受けた方の相談によって原紙やダンボールの加工を考えています。規格があり、決めごともあります。

どういうことかというと、色が白いほど再生紙が沢山入っており、紙の質は弱くなっています。

パルプは木から作りますが、その段階では繊維もとても丈夫で長くなっています。再生紙として使っていくうちに繊維は短くなり質的に弱くなっていきます。その段階で色も白っぽくなっていくのです。

何度も再生されたものだと、ダンボールには使えない弱い紙となりますので、そのような再生紙100パーセントのものは新聞紙などに使われるようです。

商品を守るダンボール

いろんな物を運ぶのに利用されいてる「ダンボール」。

中身が見えないだけに、送る側、送られる側からすれば、
中に入っている商品や物がきちんと届くように守って欲しいものです。

個人で物を送る場合、
「割れ物注意」や「天地無用」、「水濡れ注意」、「○△在中」など、
注意を促す文言を書いたりします。

配送業者によっては専用のシールなどもあり、
発送方法に応じて貼ってくれたりします。
(発送方法によってシール適応じゃないこともありますので、
貴重品や壊れ物を送る際は少々高めの金額でも、保証が付いていたり、
扱い注意にしてもらったほうがベストです)

このシールはダンボールに直接印字されている物も有り、
大量発送する業種であれば注文時に印刷をお願いするようです。

これを「ケアマーク」と呼びますが、
「逆積厳禁」「踏付け注意」「角当て厳禁」「直射日光厳禁」などのほか、
積段数や重量の注意まで様々なものがあります。

家電なのに何の記載もされていないと不安ですし、
商品について書かれてあっても注意を促すマークや言葉というものは
とても大事なことだと思います。

もし、大量に商品を発送する必要があれば、
専門業者に印刷のことも聞いておくと良いですね。
同時にリサイクルマークも印字してもらいましょう。